読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

年齢相応なんてしらねぇーよ(´Д` )

どぅ~も、夕食前にアイスを食ってたら「ほんとに(`-´メ) プンッ」と旦那の機嫌が悪くなって・・可愛い人だと思ってしまうアリボーです。夕飯前にアイス食べたらダメですよ皆さん(笑)

【〇〇さんおいくつなんですか?】

久々、年齢を聞きたくなる年齢不詳の男性がいた。

失礼がないように「私は昭和53年生まれなんですが、〇〇さんはおいくつなんですか?」と自らの年齢を伝えたうえで質問した。そしたら・・・

f:id:arivo:20160908185005j:plain

 

その場にいた4人の男女が上記の顔した!

いやいや、アリボーがその顔に驚いたよっ。

あたしの年齢のほうが、ギャップあったんかぁーい(笑)

子供かと思うぐらい素直に驚きの表情をする4人を見て、大笑いしてしまった。あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*) 想定外の反応を体験して・・・一瞬若いと思われていたのか?と考えた自分が恥ずかしい。だから「10歳年齢詐称だな」って言われてもムッとする気力さえなかったわい(笑)

 よくあるやりとりの「いくつと思う?」を何度も聞いては「どうでも良いよ。早く当ててやってくれよ」と心で呟きながらクソな時間だなと思っていた。そんなやりとりよりも、自ら年齢を先に伝えるという反応がリアル過ぎて面白い。是非試してみて欲しい(o^∇^o)ノ

【いくつになっても美しくありたい女性】

年齢の話になったから、女子力低下してんのかもなぁ〜って考えたら美魔女を検索してみた。皆様本当にお綺麗だわビビる(´Д` )

  • 美魔女(びまじょ)は、光文社が発行するファッション雑誌美STORY/美ST』による造語。才色兼備の35歳以上の女性を指し、「魔法をかけているかの様に美しい」ところからきている[1]
  • 『美STORY』が月刊化され、のちに『美ST』へ改称されたのちも、誌面で引き続きこの語が用いられている。なお、光文社はこの語を商標登録している。*1

Wikipedaの説明文に「魔法をかけているかのように美しい」とあるけど、アリボーにもその魔法はきくのだろうか?でもさ、無理して美しさを追及することはしたくないってのも心底思う。たとえ年齢詐称と言われても美しいと思ってくれる人が世界中に1人ぐらいはいるだろう。そう思って生きるのも潔くて面白いww


【◯◯歳だから△△できないのは・・】

良く会社の愚痴を聞くと、◯◯歳なのにこんなことも出来ないんだよ!とかって聞く。いや〜アリボーも思ってました。えっ?あたしより何年も何十年も長く生きてるのに、こんなに配慮が足りないの?とか。でもね、今は年齢なんて関係ないって思うし、大学出てるとか出てないとか、もぅ〜色々なことが小島よしおの「そんなの関係ねぇ」の連呼しまくることばかりだよ(笑)


本当にそう思うと、楽なんだよ。相手へ優しくなれたり、理解できたり。その人がいることで、助かっていることとかも見えてきたりするの。


今回アリボーが年齢聞いたのは、会話のキッカケを作りたかったからなんだよね。どこから話は広がるかな?男性なら年齢聞いてもいいかな?ぐらいの質問だったのに、まさか自分が話の中心人物になるとは。どんな色メガネで自分のことを見られていたのかを知れた。ほんのちょっと距離が縮まった気がして嬉しかった♪( ´▽`)


みんなそれぞれ今まで生きてきた人生で、取捨選択して善悪を養ってきて、常識とはこんなものだって学んできたはず。


でもその考えを見直してみるの良いかもよ。


「昔は◯◯って言ってたのにお前も丸くなったよな」


そんなんもいいじゃん。

*1:

美魔女 - Wikipedia

ここに脚注を書きます