読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

あの顔を忘れない~右の頬を打たれたなら、左の頬をも向けなさい~

今朝、Facebookを見ていたら泣いてしまった。

 http://labelmap.hatenablog.com/entry/2016/10/05/130000

↑是非、皆さんにも見て欲しい。

読みながら20代のある日の出来事を思い出した。

精神疾患を抱える叔母を殴ったことを・・・。

二度と人を殴ることはしないと心に誓う。

 

家庭では注意は言葉もあったが暴力も日常茶飯事だった。兄が5人いたことで喧嘩も絶えず、言葉で勝てない分手が先に出ることなんて普通だった。家の窓ガラスを割られたり、喧嘩をして骨折する兄がいたり酷い環境だった。兄弟のことを死んでしまえば良いと何度思ったか分からない。それなのに、自分も手を出すことが平気になっていた。妹の髪の毛を掴んでひきずりまわすことさえしていた。今では考えられないけれど。

【叔母としての存在を忘れていた・・】

一緒に住んでいた叔母は、私にちょっかいを出すのが何故か好きだった。社会人になってから、カバンから物がなくなったり、布団をとられたり足をつねられたりと睡眠不足。ある日会社の制服をハサミで切られた。そんなことがあるのか?と上司に驚かれながら、再度注文依頼をしたことにもウンザリしていた。早く1人で生活をしたくて、そればかりの毎日だった。

 

ある日掃除をしているのに、その周りを平気で汚していく叔母。悪気がないことは分かっている。それなのに、実は頭が良くてワザとやっているのでは?とさえ疑うぐらい。こんなに親族に日常をかき乱されるなんて不幸だと思い、イライラはマックスになっていた。そんなのは言い訳に過ぎないのだけれど・・・

【忘れたいけど忘れられない・・あの顔】

 掃除をしていた。それなのに、すぐ汚される。イライラをおさえながら叔母に何度も注意をした。効果はなく。そうだ!と思った私は「今度やったら殴るよ」と叔母に宣言したのだ。殴る気なんてなかった。脅しになればよいと思っていたのだ。脅しは効果的だと思っていたから。だから、それを言ったら邪魔はされないと思っていた。だから、安心しきっていた。それなのに・・邪魔をされた。

 

「バシッ」と迷いもなく頬だったか、頭だったかを殴った。瞬間的に手が出た。

その時の叔母の顔はこの男性と同じ表情だった。

f:id:arivo:20161006210433j:plain

複雑な悲しい顔。 そんな顔を見てショックを受けた。「今度やったら殴るって言ったでしょ。ごめん。ごめんなさい」といいながら泣いて謝った。殴っといて苦しくなって、こんなのは何の解決でもない。ただの暴力だ。どうしてこんなことをしたかを悔やんだ。殴った事実は変わることはないのに、何度も叔母に謝った。そんな叔母はしばらく私に近づかなくなった。

 

叔母を叔母として見れなくなっていたけれど、子供を8人連れて離婚した母は昼も夜も働いていた。その時期は、祖母や叔母が元気だったので生活を見てもらっていた。叔母のことを育ての親だというぐらいの家族もいるぐらいだ。そんなことを忘れていた私。自分が余裕がないばかりに、叔母を殴ってしまった最低な私。今朝のFacebookの投稿からそれを思い出さずにはいられなかった。

 

暴力が頻繁にあった環境だったら、殴ったのは仕方ない。そんな環境を理由に殴ったことをなかったことにはしたくない。自分ではない、環境や、他人や、親の責任にするのは簡単だ。自責で成長していきたいと今は思う。そして、もうあんな苦しい出来事は絶対に嫌だ。子供が出来たら殴ってしまわないか不安もある。愛がある暴力なら良いなんて言わない。それほど忘れられない出来事。

 

いずれ親も歳をとるけれど、私も歳をとる。

その時に殴られても仕方がないと思う覚悟をしておこう。

私もそんなことがあったから・・・。

 

暴力は嫌い。でもね、殴る人も苦しんでいる事実もある。 

そこも知って欲しい。そしてそんな自分をユルスシマス