読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたに秘められた良さを抽出する トラストマインドコーチ 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

事件は個室で起きているんだ~あるあるネタ~

f:id:arivo:20161001214111j:plain

どぅ〜も、ファミリーレストランで充電ができるコンセント付きの席を指定したら1席しかなく、店内はガラガラなのにあえてファミリー層のそばにきて座ることになり、あきらかに不審な顔をされるアリボーです(´Д` ) あんだよー、理由を言えばいいのか?「ここでしか携帯の充電ができなくて、仕方なくここに座ってます」とかさ。まぁ絶対いえないけど(涙)さっ、存在感をすぐに消して空気のようにファミリーの夕食を邪魔しちゃいけない。めげないめげないめげないぞ~。

 

 そんなスタートの夜、トイレに入ったらウォシュレットが止まらないという事件に遭遇する。病院のトイレみたいに緊急呼び出しボタンも無い!初めての経験に焦るアリボー・・・。誰かと一緒に来てたら「ウォシュレット止まらん!ヘルプ」とかLINEでやりとりしてウケも狙えるが定番のお1人さま。頭をフル回転させるしかなかった。

【水がバーバー出ている状況をのりきる方法】

  •  高速で蓋を閉める

(身体能力に差は出るかもしれないが、ぬれずに乗り切れる可能性あり、いやっ無理か・・・)

  • あえてビシャビシャになって苦情を言う

(ちょっと~まじでどうしてくれるの?誠意を見せてよ、誠意とかいってクリーニング代とか請求しちゃうみたいなぁ。いや、無理だ)

  • コンセントを抜く

(壊れたらどうしようかと悩むが・・お腹のお肉や、身体がでかくてコンセントのところまで手が届かない)

  • 誰かに助けを求める

(トイレに入ってきた人に名を名乗ったうえで、不審な人ではありませんアピールもして、店員さんを呼んでもらうパターン)

  • 神に祈る

(すがる思いで祈ります。ミラクルよ起きろ☆)

 まぁ~思いつく解決方法は、こんなもんだろ、こんなもん。

しかし助けを求めた場合、あられもない姿を見られたうえでコンセントを抜いてもらうことしかできない。悩む、それも悩む。あっ、ウォシュレットの水が切れるのをまつかと思ったが水道の蛇口をひねらん限り無理なことに気づく。進化ってある意味怖いとしみじみ思ったわけで・・・。まぁ思ったところで状況が変わらず水はバーバーと出てて、どんだけ綺麗になるんだあたしの秘部??と笑いたくなってきた。しばらくの間、仕方がないから目を閉じた。冷静になるかと思ったが、イライラしてきた(笑)スーファミの連打を思い出すかごとく、色々なボタンを押しまくったのさ・・・・。

 

とまった!とまったよぉー!

トイレでガッツポーズ&「神様~ありがとう。こんな時だけすいません」と呟いた。

 

このトイレには2度とはいらねぇーぞ!こんちきしょう!と便器にガンを飛ばしてトイレをあとにした夜。

 

 あぶねぇーぞ! やっべぇーぞ!

そんな危険もあることを知った上でウォシュレットを使ってください。そんな注意喚起のブログ。