読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

女でも綺麗なお姉さんは好きです。歯痛(ハイ)

どぅーも、忙しくなるとは思っていたけど想像より忙しい~!暇よりは忙しくしているほうが好きですが、自分1人だけの時間を確保しないと・・・

 

f:id:arivo:20161110162808j:plain

 

こんな顔になります。

そんなわけないΣ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

皆さん、そんなことよりもこのアプリの規定サイズからはみ出た顔の肌色が露出していることにお気づきでしょうか?(笑)だからこそ、アプリと思われず実際に塗ったと思われたのよ。たかが一枚の写真からそこまでの事実をつきつけられるとはっ!あ~面白かった。夢に出てくるという嬉しい悲鳴を何度聞いたかわからない。衝撃を与える写真をどんどん撮れたらいいなぁ~(笑)

【右手ではなく左手をあげなさい】

そのマスクの女性は私に言ったのです。

女:「痛かったら我慢しないで左手をあげてくださいね」

アリボー:「はっ、はい」(久しぶりすぎて緊張する)

心のなかでは左手なんかあげないもん♪と余裕ぶっこきながら。マスクをはずした顔も見たいなぁ~なんかええ声で癒されるな男性にも人気の人かも~と想像していたらいきなり”痛み”がズキューン(ノT∇T)ノ )))))) はぅ~~っっ

 左手を挙げる前に・・身体がビクンってなって・・歯科助手さんに「フフフ。痛かったですよね」と言われて、うん?これはプレイなのか?プレイなのかぁーーーーーーーー!!!と叫びたくなった。ちょっとドキドキしちゃっw女でも綺麗なお姉さんにそんなこと言われたらたまらない。ということは、きっと男性はアレがあーなったりすることあるんだろうなーみたいな妄想をして女で良かったと思った歯医者さんでの出来事。ビクッとする前に左手をあげたいけど身体って正直ね。てへ。

f:id:arivo:20161110164816j:plain

漫画ワンピースでのシーン。もものすけという男の子が責められてナミが慰める時にハグをするのだけれど・・・もものすけの悪い顔wwオッパイに触れてラッキーとか現実の世界でも思ってる子いるかもと思って大笑いしたシーン(ノ∇≦*)キャハッッッ♪相手にとっては普通の行為や発言なんだけど、捉えるほうではいくらでも受け取り方がかわるのよね。何か問題が起こった場合に、事実は何なのか?捉え方はあっていたのか?すれ違いはないのか確認は必要だと思う。苦情対応の時に、いつまでたっても解決しない時に認識がずれていたことがよくあった。何に対して、不満を持ったのか。今回の私の場合は、不満ではなく満足した出来事だったけれどね(笑) 

あぁ~次の診察も先ほどの女性が良いですって指名ができるのか聞けなかった私・・・。かわいいでしょw