起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

ラジオでよく耳にする”今日は何の日?”-世界 AIDS DAY-

どぅも、流行にのって風邪気味ですo(T◇To)ズルズル

昨日は世界エイズデー映画の日・命の日・・etc

〇〇の日って結構あるんだよね。有名どころしか

知らなかったけど、ラジオのテーマを決める時に

放送日が〇〇の日というのをチェックするように

なってきた。

ラジオがあった11月29日は「音の日」だった。

アリボー考えたよ。あなたのオナラ!!

「音が出る派?orスカしっぺ派?」は見事に

テーマ決定許されなかったけど笑ってくれた

人もいたからOKOK(笑)

【クラスでエイズデーを説明する役目=保健委員】

f:id:arivo:20161201135938j:plain

 

ラジオでもテレビでも、AIDS DAYの話を

してましたね。リンゴ社もロゴをピンクにす

る店舗もあるとかなんとか。

保健委員は、検尿集めたり、放送活動したり

特に嫌いではなかった。だけど初めてAIDSの

話をクラスでした時は、すんごく緊張したし

恥ずかしい気持ちだったのを覚えている。性交渉・

オーラルSexとかをキャーギャー言われながら

淡々と説明していきました(笑)クラスの大半

は経験していることだったけど自分ごととして

捉えることはなかった。その数年後に

f:id:arivo:20161201142147j:plain

最初に読んだのは携帯小説だったような。

ショッキングな出来事ばかりの内容だった。

周りにいる子もめちゃくちゃ読んでた話題作。

主人公がAIDSになって死んでしまう・・・。

実話ではなくても、一気にAIDSが身近に感じた。

【確かめたいと思ったあの一歩は勇気がいった】

出産をされたり、手術をされた人なら感染症

の確認でAIDS検査の同意をしたことがあるだろう。

そういう経験がなければ、自主的にAIDS検査を

受けるしかなかった。

 

受けたい衝動にかられた私。保険所へ行くまでは

よかった。検査後に急に不安に襲われた。

検査結果が陽性だったらどうしよう・・・

今まで付き合っていた人たちを思い出したり、

自分の不本意だった行動をふりかえってみたり。

プチパニック!!

結果を聞かずに保健所から逃げたくなった。

椅子に座ったり、立ったりとジタバタ。

「陰性です」と言われ車に戻って泣いた。

ほんの少し自分のことを大事にしようと思えた。

 

先のことを考えて、『もしも失敗したら』『うまく

いかなかったら』と考えて人は行動できなくなる。

私もパニックになりながら、確認なんてしなければ

良かったと後悔してた。

 

でも今なら、逃げ出さずになくてよかったと思える。

確認することの恐怖も自分を大事にすることも

知ることができた。こんなことも自分と向き合う

ことの行動だったと思える。行動してよかった。

 

世界AIDS DAYはそんなことを思い出す。

https://soundcloud.com/3e0tmbjwgmaq/2nd

(↑聴くブログ)