読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

ラベルマップコーチの岸本拓己さんのコーチングを受けた日

聴くブログ↓

https://soundcloud.com/3e0tmbjwgmaq/3rd

 ラベルマップコーチの岸本拓己さんのコーチ

ングを受けたのは、去年の7月7日七夕の日。

その時には七夕だなんて気づいてさえいな

かったのかもしれない。

それぐらい私はモヤモヤしていた・・・。

f:id:arivo:20161202134735j:plain

色々やりたい事があったけど目的は曖昧。

自信がない、実績がない、資格がない。

『何も無い無い病』に陥っていた(´Д` )

話をしながら、働いている間にやるべき

ことが沢山あったかもしれない・・・と

後悔した。凹むためにコーチングを受けた

わけじゃないのにと思ったら質問された。

「アリボーさんのできることは何ですか?」

一瞬考えたけど「ないです」と答えた。

心の声『私が出来ることは誰もができる

ことだ。資格があるわけでもない。』

そんなこと考えていた。

 

岸本さん:「ホテルまでどうやって来ました?」

アリボー:「えっ?車です。」

Kさん:「では車の運転はできることなんですね」

A:「車の運転はできますよ。みんな出来ますよね」

f:id:arivo:20161202151903j:plain

ハッとした。そんなことで良いの?

そう思ったら出来ることがどんどん出てきたw

レベルとか気にせず出来ること出してみる。

たった1つの質問が心のハードルを一気に

さげてくれた。何も出来ないと答えたけれど

書き出したフセンを見て安心した。

そして視野が狭くなっていたことに気づいた

何に不安になっていたのか。何が嫌になって

いたのか冷静に捉えることができてスッキリ。

目の当たりにしたコーチングに魅了された。

私もコーチングをしたい&岸本さんから習い

たいと思った瞬間だった。

f:id:arivo:20161202153714j:plain

 モヤモヤとした日々を過ごしていた私。

何か変化が欲しくても、どの扉をあけていいのか

悩んでいた。でもコーチングを受けた後は、扉は

目の前にあって開けるだけで良かったと気づいた。

 

私たちは見えなくなっているだけなのかも

しれない。考えることを忘れたり嫌になっ

たりしているうちに・・・。

 

忘れかけていた記憶を思い出させて

くれるのがコーチングかな?

 

学んで実践するコーチング楽しいよ~。 

お試しあれ♪

岸本さんのコーチングに興味のある方はこちら↓

labelmap.hatenablog.com