読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたに秘められた良さを抽出する トラストマインドコーチ 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

手紙という映画や本や曲は実に多い-16歳、母ちゃんに手紙を書いた-

どぅ~も16歳の夏に家出をして2年間逃

亡していたアリボーですσ(゚Д゚*)先日、母と

久々デザートを食べに行ったことを

Facebookにあげてたらふと思い出した。

【泣きながら書いたあの手紙のこと】

f:id:arivo:20161001124730j:plain

私が母ちゃんに手紙を書いたという苦い思い

出。家出をした16歳の夏。二度と家には戻

らないと決めていた。だから、色々な感情を

傷つける言葉を躊躇なく書いた分厚い内容。

郵便ポストに入れた瞬間にスッキリした。

伝えたかった気持ちを泣きながら、怒りな

がら一気に書きなぐった。

その時に受け取る人のことは考えていなかった

 

ある日結婚も考えていた彼が病気になって

入院。私には頼れる存在がないことを彼は

心配した。「実家に電話してみたら?」と

いう彼の一言に返事は出来なかった。

正直怖かった。

 

2年ぶりに会った母ちゃんに言われたのは

「あの手紙は本当に苦しかった。母ちゃん

捨てないで持っている。」と言われ2人で号

泣した。

【その当時には分からなかった・・】 

どうして自分の気持ちを正直に言えなか

ったのか。自分だけ不幸だと思っていた

のか。気持ちなんか理解してもらえない

と思い込んだ。家出したことで、色々な

ものを失った。自分のことを嫌いになっ

たし。家族に腫れ物のように扱われた時

期もあった。色々なものを失ったけど、

新しく得たものもあった。

 

家族との関係も安定して築けたり。

2年遅れで高校に通い大学に行けた。

大学で旦那と出会ったって結婚した。

 多くの友人と恩師に出会えた。

人生は何があるかわからない。

 

きっと、いや絶対。母ちゃんはきっと

あの手紙は捨てたか無くしたかと思う。

もし持っていたとしても忘れているかも。

忘れてて欲しい。そうであって欲しい。

 

ねぇ母ちゃん、沢山傷つけた分

笑わせるから親孝行するからさ

許してなぁ

 

※この記事は以前ティーダブログにて

Upした記事のリライト(216/07/19)