コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

コーチングを学んで変わったこと-様々な場面で使える多様性-

f:id:arivo:20161219134615j:plain

いやいや写真のように人の話を聞きなさい

とは言わない(笑)コーチングのなかでの

傾聴というスキルを身につけて良かった。

ヒステリックな私はどこかへ消えていった。

【きくことは簡単だと思いがち】

もちろん聴くって技術だけじゃなくて表情

や態度、言葉の繰り返しなど色々細かい内

容は含まれるのだけど・・・。ラベルマッ

プコーチ養成講座の講師である岸本拓己さ

んが講座のなかでも、傾聴に関しては何度

も話をされるほどコーチングでは重要部分。

  1. 10分間話をしてください。
  2. 10分間話をきいてください。

この2つの選択肢があったら、2番を選ぶ人

が圧倒的な気がする。「きく」のに技術はい

らないと思っているから。友人で聴くのが上

手な人がいる。彼女はコーチングなんて知ら

ない。そんな人もいることはいるけど、聴く

ことを学ぶことって利点が多い。

コーチングも色々ある】

コーチといっても、色々な手法があるようだ。

タイプによって選択の自由があるというの

は良いことかもしれない。是非あなたにあ

ったコーチに出会って欲しい。

  • 頭の中の生理整頓
  • やりたいことへの後押し
  • 問題解決を一緒にしていく
  • メンター(サポーター)
  • 目標を見つける
  • 自己解決力をあげる
  • 事業のフォロー

コーチングですることは、スポーツの世界

で言われる「指導者」とかCoacherとも呼

ばれたりするものとは違う。身体よりも心

や思考など内面のリセットや新し捉え方の

構築などの過程を考えたり。行動することで

生活スタイルなども変容していく。

コーチをつけて、私自身も気づきがある。

コーチングをしながらも、気づきがある。

「気づく」というのは、コーチングのなか

でよく言われる。元々あった自信や勇気が

押さえ込まれていたのに気づく。すでに

”あるも”=本人のなかに答えはある”といわ

れる。だからこそ、本人に話をしてもらわ

ないといけない。話した内容を自分の耳で

ききながら気づくことになる。だからこそ、

コーチは聴くことに徹する必要がある。

何もアドバイスをしていないのに、クライ

アントがどんどん解決していく姿を見ると

感動してサブエボだ。もちろん傾聴しなが

ら質問や承認というスキルも使うこともあ

るが、8割は傾聴でどうにかなったりする。

コーチングを学んでの変化】

f:id:arivo:20161219154258j:plain

ヒステリックになることが多かった私。

特に旦那や家族に。今となれば、相手の

話を聴く耳がなかった。聴くスキルがな

かったがゆえだ。言葉の本質を聴けてな

くて勘違いをしたり、傷ついたりしてい

た。言葉に踊らされていたような感じ。

本当はどう思っているのかな?とか同じ

目線で考えられるようになってきた。

いつのまにか旦那もコーチングに興味を

持ったりwコミュニケーションが楽にで

きるようになった。同じコーチング仲間

でもその話題は良くでてくるあるある。

親子関係や、先生と生徒、職場関係など

色々な場面でコーチングスキルはいかせ

る。だから興味があれば、コーチングを

受けることと学ぶことの両方おススメ♪

コミュニケーションスキルは一生使える☆