起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

Face to Faceのユンタクハンタク(お喋り)-熱が伝わる-

f:id:arivo:20161230204800p:plain

年末の30日というのに、時間を空けてもらい

友人と久々に会ってきた。頻繁ではないけど、

LINEやmailなどのSNSでやりとりをしている

から連絡していないわけじゃない。悩みを打

ち明けたり、若者のようなスタンプ応戦もた

まには面白いものだ。

 でも~でも~でも~何度LINEでやりとりしたっ

て、短い時間でも会ったほうが何倍も楽しい

と思った時間だった。今はほんと色々な繋が

り方が昔と比べると多くなったけど、実際に

会うことにはやっぱりかなわない。

SNSでは伝わらない熱を感じる】

SNSで知り合った人と会う時も、実際に会う

とその人のエネルギーがダイレクトに伝わっ

て面白い。スマフォやPCなどの媒体を通して

は伝わらない熱を感じるから。映像でしか知

らなかったアーティストに実際に会った時の

感動と似ている。だから、会いたい人に会い

に行ったほうが良いという意見には大賛成だ。

 <最近の衝撃ニュース!↓知ってますか?>

www.excite.co.jp

文字や写真だけじゃなくて感触も媒体で送

れる時代になった。「チューをプレゼント!」

と言われて喜ぶ人がいることも事実だろう。

さらに色々な感触が送信できるようになるか

と思うとコミュニケーションの希薄がより進

む気がして淋しい気持ちになる。繋がりが欲

しくて、SNSが開発されて気軽にやりとりが

できるようになったのに、イイね押してもら

えないと淋しいとか、既読スルーしたら嫌わ

れるとか前にはなかった問題がうまれたり。

あんだかなぁ~(゚Д゚;)

f:id:arivo:20161230225837j:plain

コミュニケーションの多様性には、メリット

も沢山在る。だからこそ、Face to Faceのコ

ミュニケーションとSNSなどのバランスが取

れている生活スタイルが一番理想。そうは思

いつつも人から感じる熱は会わなきゃダメだ

し、感じるべきだと思う。だってさ、亡くな

った祖母の身体を触ったときの冷たさは人と

しての熱を奪われたのだなと感じた瞬間だっ

たから。2017年は、今年よりも人と会う時間

を意識しようと思った一日。ちゃんちゃん。