起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

ゴミ箱にポイッと捨てるイメージで取捨選択する日々を積み重ねる

「人生がときめく片づけの魔法」近藤麻理恵

さんの断舎離が終わったかと思ったら、今度

は「ミニマリスト=モノを持たない生活」が

流行っているようだね。色々な考えが生まれ

てくる世の中、試す人もいれば試さない人も

いる。どっちが正解かもわからないけど、選

択をする、選択できるという意識をしっかり

したうえでの生活をしていきたい。

【傷ついた言葉なども取捨選択する】

物理的なことは形あるものだから捨てるとか

って簡単にできる。

 有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」

「有りがち」など、「持っている」「備わる」

「含まれる」といった「所有」の意味で用い、

反対語は「無い」である。(一部省略)

 

在るは、「東京に在る」「要職に在る」

「言論の在り方」「在りし日の思い出」など、

場所・地位・環境などにいるといった「存在」

の意味で用いる。

引用:「有る」と「在る」と「或る」の違い | 違いがわかる事典

 自分の存在という「在りかた」っていうのは

取捨選択しながら形にしていくものなのかも。

相手から言われた嫌な言葉や態度は、目に見

えないものなのに重たさを感じたりする。心

や頭のなかに「在る」という存在感がパネェ。

 

でも存在させているのは、結局自分自身なん

だよね。相手に言われた言葉や態度だったり

するのだけど、そこを忘れないでいるのは自

分。相手にとっては、たった1回の出来事だ

けど繰り返し思い返しているのも自分。感情

を感じるのも大事なんだけど、嫌!と思った

らそのことをゴミ箱にポイッと投げて捨てち

ゃえば良い。捨てることができるのは自分。

必要、不必要を自分で選んで捨てること受け

取ることができることをしっかり意識して日

々を積み重ねていくだけだ。

f:id:arivo:20170111002608j:plain