起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

繋がりから人生初の挑戦状を口頭で受け取ったw

f:id:arivo:20170112165033j:plain

やばいよやばいよ。アリボー口頭で挑戦状を

受け取った。受け取っておいて何がやばいと

か言ってるんだよ!とか突っ込みうけそうだ

けど・・基本自分ビビリですから(高倉健風)

【始まりは唐突だった・・・】

 パーティ会場で久々にあったB氏と話をして

たら挑戦状をうけることになった(*`▼´*)b オッケィ♪ 

B氏:「そういえば、バドミントンやってる?」

アリボー:「やってますよ~きます??」

B:「いやいや、試合しよう!」

ア:「えっ?素人レベルですけど大丈夫?」

B:「俺らも男だけで、職場のメンバーだから大丈夫」

ア:「他ともやったことあるんですか?」

B:「色々なスポーツに挑戦状ということで試合している」

ア:「何それめっちゃ面白いじゃないっすか。」

B:「ゲートボールとかバレーとか。ボーリング

   で勝負したりしたよ。最近は将棋とかも面

   白そうだな?とかジャンルも関係ないよw」

A:「ウケル~。まずアリボーのとこはバドミント

   ン21点先取なんだけど体力なくて11点

   先取なんですよ!」

B:「まじで?(すでに勝った思わせるぐらいの驚き)」

満面の笑みを浮かべて、話をするB氏の

挑戦状を断る理由が見つからずお受けし

た(笑)

<受けた後に思ったこと>

  • 選抜メンバーとか決めるのか?
  • 私は監督orコーチの立場になるのか?
  • そもそも試合のルールは?
  • 日程合わせられるのか?

フフフなんか人生初の挑戦状受けたは良いが

結構おおごとかも。でも、めっちゃ面白そう

でワクワクしてきたv(。・ω・。)ィェィ♪1勝ぐらい

してぇーなー。さてさて、この挑戦状はどん

な出会いや学びを教えてくれるのだろう。

楽しみすぎる。