コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

変化していく姿を感じた瞬間にザワザワと生きることを考える

 f:id:arivo:20170210085839j:plain

鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ
怒濤の海を
飛びゆく鳥のように
混沌の世を生きねばならぬ
鳥は本能的に
暗黒を突破すれば
光明の島に着くことを知っている
そのように人も
一寸先は闇でなく
光であることを知らねばならぬ
新しい年を迎えた日の朝
わたしに与えられた命題
鳥は飛ばねばならぬ
人は生きねばならぬ

坂村真民

 

コーチングを受けたクライアントで、育児後の

社会復帰が怖いことが課題だった。様々な事情で、

自宅にいることが最善だという思いと、これから

先を考えると今のうちに社会復帰をしておきたい

気持ちと葛藤されていた。〇〇が出来たら、自信が

つくかもしれないという声を継続コーチングで引き

だしながら、実行にうつせたり、うつせなかったり。

最初に会ったころよりも、やりたいことが増えて

喜んでいる姿や自信がついてきているのが伝わって

自分のことのように喜んだ。社会復帰という言葉が

適正かどうかは分からないけれど彼女のなかでは

その言葉がしっくりいっているようだった。子供の

学校関係者との関わりと、母、妻という役割だけの

世界に住んでいたからだと言う。

 

生きていきながら色々な役割を経験するかもしれない。

そのなかでも、私は「個人」を大切に生きていきたい。

妻でもお母さんでもない「私自身」の生き方も1日

24時間のなかで数分でも感じれる時間を作ること。

作っても良いことを知って欲しい。どんな生き方でも

その人にとっては一生懸命生きていることにもっと

もっと視点を広げていきたい、自由でいたい。

 

何もしなければネガティブ思考に走る脳みそをもって

いる私たち。暗くなっても良い。闇だと思えていい。

そう思うことはあるから。でも、光があることも忘れ

てはいけない。本当に今この瞬間生きていて楽しいこと

なんて1個も一瞬もなかっただろうか。見えなくなって

いるだけなのか、忘れているのか。目を凝らしてみよう。

 

生きることに関しては「生きねばならぬ」に激しく同意

f:id:arivo:20170210093237j:plain