コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

コーチングの傾聴と通じる、ブルゾンちえみの「待つの」。

【キャリア・ウーマン】

『花は自分からミツバチを探しにいきますか?

探さない。待つの・・・』でおなじみのブルゾンちえみ

自然と男が寄ってくるのを待つのもよし。

世界には男は35億人いるそうなのだから(笑)

f:id:arivo:20170225215313p:plain

今後も楽しみの芸人さんだね。

『花はミツバチを探しには行かない。待つの』

そんなフレーズをきいてふと思ったこと。

【待ってみる価値あるかもよ】

「旦那、恋人が話を聞いてくれない」とよく耳にする。

そこで「相手の話は聞いてる?」と質問するとYESと答える。

「相手の話は聞いてあげてるのに、私の話は聞いてくれない」。

悲しそう、イライラ、ため息まじりな声で言う姿が愛しくなる。

 コーチングの傾聴を学んだ時に「聴く事なんて誰でも出来る」と

思っていた。でも、実際には言葉に惑わされずその意図する

ことを読み解いたり、言葉だけじゃなくて五感で感じたり。

もっとも傾聴が大事だと師匠が話すことも納得なのである。

f:id:arivo:20170225225253j:plain

話を聞いてあげてるのに相手は話を聞いてくれないと

嘆いているそこのあなた、相手の話を聞いている時に、

  • この話を聞いたら次は自分の番だなと思って聞いている
  • またその話かと思って聞いている
  • 何かをしながらきいている(家事をしながらなど)

こんな気持ちで相手の話を聞いていないだろうか。

まずは、ながらで相手の話を聞かない。相手の話に集中して

全身で相手の話をきちんと聞いてみる。それを、繰り返す。

毎日、毎日。ちゃんと聞いてあげる。

 

「相手の話をちゃんと聞くことで待つのブルゾンちえみ風)

やがて

「あなたの話を聞かせてと相手が言ってくること」や

「相手が自分の話を真剣に聞いてくれる」かもしれない。

 f:id:arivo:20170225225210j:plain

聞いてくれないの前に、自分は本当に相手の話をちゃんと

ヒーローインタビューのような気持ちで「聴いているのか?」。

そこを自問自答してみて☆