コーチングで真面目話・自分らしく楽しみながら人生を創造する 新アリボーの冒険

他人と比べたり、周りからダメだしされたりで見えなくなってしまった、自分の良さをコーチングスキルやなまえカードを使って引き出せること。自分のことを知る、1%でも良いとこを受け入れることからのスタート。そんなお手伝い✩

消し去りたい過去に蓋をするのをやめることにした。あれはあれでよかった・・・

-沖縄の青い空の下でも闇金ウシジマくんのような闇は存在する- 

【その闇に足を突っ込まなければ生きていけなかった】

f:id:arivo:20170416191606j:plain

16歳で家出をしたものだから、彼氏がいなければ私は

のたれ死んでいたかもしれない。だからこそ彼に嫌われ

ないように捨てられないように過ごしていた。それがもう

好きという感情というよりは、孤独になる恐怖だったのかも

しれない。きっと彼にも伝わっていただろう。

 

だから、闇金ウシジマくんのような人間の闇を描くものは

過去の思い出がフラッシュバックする。当時の私はもう

はいあがれないと思った。このまま実家には二度と帰らず

この男と家庭を作って子供できて、適当に仕事して、

あるいはうんざりして死ぬかもなぁ~という想像ばかりの

毎日だった。でも転機がやってくる。

【チャンスをいかせるか?それをチャンスだと思えるのか?】

前髪しかない美少年ギリシャ神話『カイロス』が由来とも言われる格言↓

「チャンスの神様には前髪しかない、だからチャンスは逃すな!」

頼りにしていた彼が原因不明の高熱で入院した。家族でもない

住所不定無職の私は病院の保証人にもなれなければ、自分を

証明するものを何も持っていなかった・・・。

その現実を突き付けられた私に彼は「実家に電話しろよ」と

言った。そこからも色々あったけど、その彼には結局捨てられる

経験もした。彼がいなければ実家に戻ることはなかった。

 

前髪しかない神という例えは想像すると笑えちゃうんだけど、

同じ空の下で色々な人が色々な生活をしている。そんな時に

やってきたチャンスなら神だろうと関係なく前髪を

むしり取ろうぜヘ( ̄∇ ̄ ヘ)),,,,,ソォーット