起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

背中に抱えているその荷物は本当に必要なものなのか?

f:id:arivo:20170427232930j:plain

会う度に新しい悩みを抱えるA子さんがいた。

自分の悩みよりも、周りの友人や家族のトラブルを

まるで自分のことのように捉えて涙する人。

相談ごとも多くて、休みの日もその時間をとられる

けど役に立っているから幸せと言う。

そんな話を聞きながら

『肌が荒れてるな・・・』

『クマが酷いな・・・』

『休めてるのかな・・・』

ついつい、そこが気になってしまう悪い癖。

人の役にたって幸せだというけど、彼女は

全然幸せそうにみえなかった。お金も無理して

工面しているようで、会いたいと言われたら

なるべくお金がかからないところを優先した。

【その行為や時間は本当に必要なことなのか?】

f:id:arivo:20170428001205p:plain

自分のことをチェックをすることって大事。

完全に容量オーバーいることに気づいていない彼女。

自分のことだからみえないものね。分かる分かる。

ほんの少しずつではあったけど、私がやったのは

「まずは自分の時間を持とう」と呪文のように伝えたこと。

反応はいつもイマイチだったけど、それでも似たような

ニュアンスを言葉をかえて伝え続けた。彼女の行動は、

優しいがゆえ、使命と思っているがゆえなんだろうけど。

う~んマンダム。まるで過去の私を見ているようだった。

【呪文の効果だと言いたいが証拠がないw】

f:id:arivo:20170427234240j:plain

「もう辞めた!」と彼女は今まで抱えていた沢山の

他の人の荷物を投げ捨てることを決めた。

キッカケは色々あったようだ。

  • 自分が逆に頼ったら冷たくされた
  • やって欲しいと言ったことはないと逆ギレ
  • おせっかいババア発言された
  • 単純に疲れた

他にもあったようだけど抱える必要のない荷物を

彼女が投げ捨ててくれてホッとした。

今まで他人のために費やしてきた時間を振り返ったら、

自分のことは疎かにしていたと気づいたと話してくれた。

「何で私がやらなきゃいけないの?」

「私がやる必要が本当にあるのか?」

お願い事を断ると相手が困ってどうなるのだろう?と

不安になりながらも、少しずつ断ることを増やしたら

「自分で考えるようになった」とか

「私以外の頼る人みつけたみたい」という結果を

確認して安心したようだ。バカバカしくなったとも言った。

頼られることで必要とされていることを実感する瞬間もある。

でもそればかりでは、一度きりの人生、人のためだけに尽くす?

そんな人も否定はしないけど、本当に必要なものやコトを

考えながら生きていきたいものだと私は思うだけ。

う~んマンダム。