起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

まずは1人でも解決できるという感覚を持つこと

【ずっと一緒に走り続ける必要はない】

f:id:arivo:20170611205222p:plain

コーチングの例えは、伴走者とよく言われる。

1人では不安だったり、迷ったりする可能性があるので

一緒に走る。それはある一定期間を過ぎると自走する。

  • やり方が分からない
  • 習慣になってない
  • 振り返りができない

そんなことを月2回や、1回と繰り返し会うことで

一緒に考えたり、本人が決めたことを見守ったりする。

今までの人生、過去・現在・未来を含めて、どこに

向かうのかゴールがどこなのかを模索することから

まずはスタートする。一緒に決めたゴールが、本当に

最後のゴールになるかは残念ながらわからない。

だから迷っても全然OK。

f:id:arivo:20170611210243j:plain 

 【1人だけという概念=孤独とは限らない】

「上にたつものは孤独」という発言をよく耳にする。

「誰も自分の想いはわかってくれない」というような言葉と

セットな気がする。でもね、うまれて来たときも死ぬ時も

結局1人。私達は元々1人だから孤独なんてことはない。

極端すぎるかもしれないけど(笑)生かされていることが

沢山あるし、上にたっていても一緒に関わっている人たちが

いる。忘れていたり、見えなくなったりしているだけ。

孤独に思い込もうとしているだけ、社会に踊らされて

いるともいえるかもしれない・・・。〇〇DAYみたいな

祭りやらと似ている。

【セルフコーチング】

f:id:arivo:20170611221541j:plain

コーチングには、セルフコーチングというのがある。

自分自身で、客観的に自分の問題を解決していくこと。

私はセルフコーチングが出来る人を増やしたいから、

コーチと一緒に伴走から自走するような関わりをする。

継続コーチングをしながら1人で解決する意識が高くなる。

そして「もうコーチは必要ないです」と言われることが

快感(笑)コーチ卒業したから、もう他者にコーチングを

してもらわなくてもOKではない。ややこしや(笑)

良質なコーチは、コーチをつける、コーチングを受ける。

やっぱりね、成長のためにも見直し(チェック)が必要

なんです。だから、そこも心配しなくて良い。

コーチがコーチングを受けることに抵抗を受ける人も多いから。

 

ずっと一緒に走り続けるのがコーチングではないと

最近つくづく思う。