起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

嫌いな人はいないと言いきった理由に納得した話

株式会社イノベイティア(以前はチームフロー)の

平本あきおさんの書籍や動画からもたくさん勉強させて

頂いている。そんな彼の動画を見ながら驚いたのが・・・

僕には嫌いな人なんていません

という発言・・・。

適当なこと言いやがって。きれいごと言いやがって。

もう何も受け入れたくなかったぐらいw

f:id:arivo:20170708215021j:plain

【嫌いな人がいないその真意】

  • 怒りという感情が存在しない?
  • 八方美人なのか?
  • 慕ってくれる人しか周りにはいないのか?
  • みんながみんな平本あきおさんが好きなのか?
  • 嫌いな人がいる自分はレベルが低い人間なのか?

いやいや、アドラー心理学。嫌われる勇気の本は

どうなっている?少しパニックになる私(しょーもない)

 

「僕には嫌いな人は確かにいない。

 だけど適度な距離を保ちたい人はいます。

f:id:arivo:20170708220239j:plain

ちょっとホッとした。

【色々な距離感があって良い】

嫌いではないのね。距離感はあったほうがいいのね。

妙に納得した。そして自分が苦手とする人たちとの

距離感を考えてみるキッカケになった。

平本さんと同じようなセリフを吐きたいところだけど

残念ながらまだ嫌いな人はいる(笑)セミナーで習った、

『2:6:2の法則』にも爆笑したし、それでいいなと

思える自分も嫌いじゃないw

 

でもさ、距離感が大事なことは知っていると良い。

連絡、会う行為、などなど距離感を無理している

ところないですか?

 自死以外はいつ死ぬかわからない。

予測したくもないし、されたくもないw

確実に歳もとっている。

そんな自分の時間は、良い距離感の人と楽しもう。

心底思う。距離感を保ったほうが楽な人は、

それが血縁であっても距離を保っていい。

楽になるよ。嫌いな人がちょっとでも減る。

こんな考えもありだよね。