起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

キッカケを聞くと、建前?本音?など「?=答え」が出てくる

f:id:arivo:20170821105046j:plain

マツエク、アクセスバーズ、お菓子作り、

今の会社に入った理由。先生になったのはなんで?

コーチングをしながらキッカケを聞くことが多い。

その返事を聞いて改めて相談者が、

”そうか、それでこの仕事をしているのか!”

”だから好きなのか!”とさらに応援したくなる。

その職種の知らない話が聞ける。

そしたら、ある日コーチングのことじゃなくて

「何でアリボーさんはラジオやっているんですか?

 何故ラジオをしようと思ったのですか?」

聞かれて改めて考えてみた。

【久しぶりの友だちとの近況報告】

f:id:arivo:20170821104723p:plain

福祉やコミュニケーションについての専攻があった

大学の友人と数年ぶりに会ったとき、図書館司書や

介護職、事務職、IT職の彼女達からラジオという

キーワードが出てくるとは驚いた。沖縄の大手の

ラジオ局へ入社試験を受けたというのだ!!

そのときの心境は・・・・

”自分だけ置いてけぼりにあった気がした”o(TωT )( TωT)o ウルウル

携帯事業にいて、辞めてやると口だけ言っていた

私は何か行動を起こしていたわけじゃなかった・・。

悔しさもあった。行動していない自分が嫌になった。

なので地元にFM局があることを教えてもらった時に

パーソナリティをやってみたいとお願いしてみた。

それが、ラジオを始めたキッカケの1つ。

【始めたものの・・・課題が山積み】

 f:id:arivo:20170821104754p:plain

何かを伝えたかったわけじゃない・・・。

悔しさからの行動=勢いだけの行動だった。

実際にやってみると、楽しくて毎週が楽しみになった♪

つまらなくなっていた仕事のストレス発散が

ラジオになっていた。不思議ね。

でもね勢いでやったものだから、リスナーが

増えない。言葉を注意される。悩んだ時期も

あった。でも、もう3年やっているのだ。

やるじゃん私(≧∇≦)ノ ハーイ♪

f:id:arivo:20170821111859j:plain

キッカケを聞くことが多かったけど、キッカケを

聞かれた時に、その時の感情がよみがえる。

その時の自分の状況を振り返ることができる。

そこにね、答えがあったりするときがある。

自分で聞いてみると良い。例えば仕事のこともさ。

「どうしてこの会社に入ろうと思ったんだっけ?」

考えてみて、思い出してみて、そして何をする?

あなたの行動は何に変わるんだろう?