起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

手帳を持っているだけでスゴイなんてナイナイw

f:id:arivo:20171101011120j:plain

手帳を持っている人を見ただけで、仕事ができる人だと

信じ込んでいた(笑)学生の頃に持っていた時は、基本的に

プリクラ貼るとか、デートとか、スケジュールぐらい。

他に何を書くというのか?だからほとんどのページは

うまらず、やがてプリクラも撮らなくなったら手帳を

持つのをやめてた。

【手帳を持ちたいとまた思ったキッカケ】

f:id:arivo:20171101011507j:plain

憧れてた女性が手帳を使いこなす姿が美しかったから。

そんな単純なキッカケ。周りの同僚も持ち始めていたし

乗り遅れる感じがしたからだ。そんなタイミングで沖縄で

手帳の使い方を教えてくれる方から学ぶことができた。

でも内容は手帳の書き方とか、使い方といよりも

思考の内容だった。顕在意識や潜在意識、コンフォートゾーン。

あまり耳慣れない言葉ばかりで必死にメモを取ったのが

懐かしい。正直なとことガッカリした部分もある。

どんな手帳がいいのか、どんな手帳の書き方がベストなのか

そこを重点的にきこうと思っていたのにマインドが多かったから。

でもそれが今となってはラッキーだったと思える(笑)

【何故あなたは手帳を持ちたいの?どうやって使いたいの?】

f:id:arivo:20171101012112j:plain

様々な道具には、使う目的がある。ツール=手段なだけ。

手帳も目的達成のための1つのツールというだけ。

だから目的が必要だし、明確にするべき。

  • メモをするけどいつもそのメモ用紙をなくす
  • スケジュールでダブルブッキングしちゃう
  • To Doリストで時間管理や仕事の効率化を図りたい
  • 言葉やイラストなど見える化によって潜在意識にインプット

人がたくさんいるように、手帳をもつ目的やメリットなどは

違うだろう。人気の手帳だからといってあなたに合うとは限らない。

お店を何百件、ネットで手帳研究を何十時間としても良い。

でもね、100点の手帳とみんな出会っているとは思えない。

恋愛と一緒でさ、お互いの良いところも悪いところも認め合って

積み重ねていくしかない気がする。お互いに工夫する必要がある。

手帳の良し悪しを自分の工夫でカバーする。その方が100点の

手帳になる可能性が高い。

 

気に入った手帳が無いとなげいてばかりいた私。

今は案外気にしないで買えるようになったよ。

譲れない部分はメモ欄と、今回はバーチカル式と決めてた。

カバーは全然好きじゃないけどクリアーできる問題だ(笑)

手帳を持つことが目的にならないように☆