起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

相手と距離を置きたい時の対処方法は家族だとしても必要

f:id:arivo:20180305210115j:plain

兄は統合失調症です。気分が落ち着かない時は

色々な人に電話をかけまくります。電話を持たせない

ことも考えましたが今のところ携帯をうばうことは

していません。電話がかかってこないと少し安心します。

電話がかかってくることが彼なりのメッセージだから。

何日かそんな日が続くと、着信履歴は兄だらけという

現象が起こります(笑)異常な回数でかけていることに

気づかないのですから仕方ありません。最初は対応する

こともあります。その姿を旦那に心配されることがあって

「絶対に取らないといけないわけじゃないぞ」という一言。

それは私の心を充分軽くしてくれました。なので対応を数日

しても変化のない場合には、着信音をあえて無音にする時が

あります。そのことを兄にも伝えています。そうすることで

兄との関係も少し良好になった気がする。

【理解しあうこと距離をおくことの使い分け】

f:id:arivo:20180305211448p:plain

物理的パーソナルスペースも大事だけれど

精神的に距離をおきたいこともある。

  • 攻撃的な人
  • 悲観的な人
  • 依存型な人
  • 干渉的な人

上記のような人は、職場だけじゃなくて家族関係でも

言えることがある。家族だからこそ切り離せないという

こともあるけれど、家族でも切り離すことで自分の

スペースが確保できるなら優先にしたらイイ。

SNSでいうフォローをはずすとか、友達から削除などの

ように簡単にはいかないかもしれない。でもそれに似た

行動としたらどんなことがあるかな?と考えてみませんか?

家族だから、距離を置くよりも理解しあう為に話し合いに

なるケースもよくありますよね。誤解や思い込みによる

コミュニケーション不足からの距離感ができている可能性も

”0”ではないから話し合いも大切な時もある。そこは前提に

あるとしても”逃げるが勝ち”の場合もあるってこと。

そんな考えも悪くないよ。

f:id:arivo:20180305212855j:plain

まずは”ちょっと待って!”と意思表示をしてみるとイイ。