起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

カメラアプリが手放せないそこのあなたへ

最近Tik Tokにはまっている四十路です。

自己満足でしかありえない動画ですな。

だからFacebookの友達にしかオープンは

しとらんのです。

特にたいした設定をしてもいないのに

美しく動画が撮れる。恐ろしい(笑)

f:id:arivo:20180717220528p:plain

鏡よ鏡、世界で一番綺麗なのは誰?と聞いてた

あの方の気持ちが少し理解できるような・・・

だって、みんなかわいく見えるから。

【写真が嫌いな理由の1つ】

カメラの性能が良くなったがゆえに、いらないところまで

ばっちりうつる。重力には逆らえられない色々な部分。

ブルドックが可愛いのは、犬だからなんだ(笑)

独り言のような記事ですまん。

カメラアプリで加工した顔と鏡にうつる本当の顔は違う。

やがて嫌になった。

カメラアプリで綺麗にうつる方法は身についたけど

リアルの顔には触れていなかった。

f:id:arivo:20180717221152j:plain

何が真実なのか?違和感を感じた私が出した答え。

それは自分のリアルな顔に向き合うこと。

アプリで楽しむことも今でもあるけど、リフトアップで

フェイスラインをひきしめたり、メイクを覚えなおしたり。

自分の顔にちゃんと向き合うようになった。

アプリの顔も、リアルな顔も両方良い。

どっちも私。リアルな自分を否定する必要はない。

否定する暇あるなら丁寧なクレンジングしたらいいのさ。

今はそんな感じ。

 

カメラアプリを手放せないそこのあなた。

自分の顔に向き合うことに手をぬいちゃだめだめ