起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

38歳にしてOGJ対応の難しさ知った。

f:id:arivo:20160905012139j:plain


どぅーも、てぃーだブログより使いやすいよってアドバイスがあったので本日から「はてなブログ」へ順次移行するアリボーです。はてなブログでもよろしく♪

読者登録してくれたら喜びます(o ̄∇ ̄)/

【OJG=親父ギャグ】*1

ほんと最初「OJG」と聞いて、何のこと?と思う方がほとんどだと思う。アリボーだって、この言葉を耳にしたのは半年ぐらい前だったような・・・。

OJGとは、すごくお世話になっている&尊敬している「ラベルマップコーチ岸本拓己さん」が命名(笑)親父ギャグよりもかっこいいフレーズがないかという発想だけど、フェイスブックでもその他候補もあったが、スタイリッシュだったOJGがヒットしたのは必然だったのかもしれない。

 Wikipediaでオヤジギャグを検索したのは38歳の人生で初である。面白いから読んでみて(o ̄∀ ̄)ノ

【お笑いに厳しい=アリボー】

お笑い好きだったり、家族が変だったり、自分が変態ということも含め、面白いことに関してはアンテナが敏感。お笑いに厳しいのがアリボーなのだ。つまらないものには、笑いたくない・・。笑うのぐらい、自分の好きにさせて欲しい。他の人が笑っても、自分が面白いと思わなかったら面白くないって言いたい。そこには、お笑いはつくりこまれた芸術(言い過ぎかな・・)だと思っているからw( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

しかぁーし・・・ 

「OJGは、瞬間で思いつくのでつくりこまれていない!」

聞き間違いからのその場で発想したり、語彙力がないと即座にOJGは言えないって事実を知らなかった。ということは、OJGに関しても通常のお笑いとの接し方とは別にしなきゃいけないってこと(笑)対応というか、OJGにはもっと素直に反応して良いってことに気づいたのだ。38歳にして、案外OJGってレベル高いって知ったの。まじウケル。

だから、先日のFMコミュニティラジオの交流会で「スケボーで来ました」って話している方へ、「このスケベェー!」というOJG返しに大笑いできた(ただし2回まで。)

 【バイト先のおじちゃんに寂しい思いをさせていた・・】

前からバイト先のおじちゃんは、OJGを言う人だと認識はしていた。1度も笑ったことはない。それは、いつものアリボーの対応だったのだけれど同じバイト仲間に「アリボーは、OJGに全然笑ってくれない・・真面目な人」と噂していたと聞いて愕然とした( ̄▽ ̄;)!!ガーン。仕事に関しては真面目。そこに間違いはないけど、真面目な人ではないことを力説したい。でも、バイト中にそんな時間はないのだ(涙)なので・・OJGへの対応力をアリボー少しスキルUPするべく明日のバイトから、OJGに優しくなります。ここで宣言させていただく(=´ー`)ノ ヨロシク

 はぁ~OJGでブログネタがかけるとは、ありがたいことや。

はてなブログでもアリボーらしく、楽しく継続していくぞー。

これからもよろしくね★