起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

環境の責任という理由を作るのか、模索するのかの違い

f:id:arivo:20171119115615j:plain

大人ってなんだろう?

お酒のめること?

タバコがすえること?

ブラックコーヒーを飲むこと?

まず上記はやろうと思えばできることね。

色々問題はあるけどさ(笑)

先日県外に行っていた従姉妹が帰ってきた。

もう帰ってこないだろうと半ばあきらめていた。

ところが彼女のキーパーソンが一声をかけたら

帰ることを決めたらしい。そんな人が彼女にいて

良かったと心の底から思った。ありがたい。

【まともな大人がいないのによく育ったよね?】

f:id:arivo:20171119120145j:plain

 母の妹二人(叔母)家族との共同生活。子供連れでの

離婚をして実家に住んでいた母が呼び寄せて一緒に

すんでいた。一番多い頃には、20名近くいたので

喧嘩も絶えない。殴り合い、髪の毛のひっぱりあい。

家中の窓ガラスが全部割る兄を見て自分も死ぬと

思ったり(笑)笑えないか・・・。複数の仕事を

していた母は、ほとんど家にいなかった。叔母さんたちは

今でいうところの大人の発達障害を持っていて

自分のことでやっとの人たち。調子が良い時には

家事も率先してやったけど、うちにはまともな環境は

難しかった。勉強のことだって、通信簿を見るのが

やっとでフォローしてもらったことないし。そんな

環境を責めてばかりいる親族もいれば、自分なりに

行動した親族もいる。同じように育ってきたようで

個人個人で学んだもの感じたものは違う。

【一緒にされることが嫌で嫌でたまらなかった】

f:id:arivo:20171119122843j:plain

地元が好きじゃない理由がある。今はその気持ちも

薄れてきているけどね。例えば知らない人に聞かれる

「あんたどこの子ね?」と、「〇〇の子です」と答えたら

嫌な顔を何度されたかわからない。子供でもそんなことは

気づくものだ。さっきまで一緒に遊んでいた子に

「〇〇の子とは遊ばないでといわれたから帰ろうね」と

直接言われたこともある。私は、〇〇の子ではあるけど、

亜利佐という一人の人間なのに。そこはもう見てもらえない。

そんな傷を平気な顔をして周りの大人はしてきた。

私は誰も傷つけたわけじゃないのに切り捨てごめんと

言われもせずギタギタに傷をつけられた。どうやって

自分を好きになれただろう?今ならそう思える。

傷をつけたつもりもないあのオバァ達はもういないしw

 

環境を変えると良い

一緒にいる人を変えると良い

自分の考え方を変えると良い

 

今と同じじゃないよう模索すること。

そうやって私の人生は楽しくなったよ。

 

 

数年ぶりのボランティア経験と沖縄の貧困を思ふ

ボランティアしたことあります?

f:id:arivo:20171119105205j:plain

ボランティアと気づかずにやっていることも

あったりして?なんて思ったり。

【観光が有名な沖縄県は貧困らしいよ・・・】

www.okinawatimes.co.jp

書店で売られているファッション雑誌を見て、どうして同じ

年頃の人はこんなにもお金をかけることができるの?

どうしてそんなに貯金ができるの?国家公務員になりなさい。

なにか手に職をつけなさいと口すっぱく母ちゃんが言ってた。

それが大人になると現実というか、お金の差を感じていた。

平均賃金が低いのに物価はそんなに安価じゃない!?

山盛りに料理を出してくれるお店もそんなに儲けてない。

そんなギャップを感じると、あんだかなぁ~と思いながら

沖縄人あるあるな気もしちゃう。自分だけが貧困だと

思っていた幼少期、知らないだけだったんだよね・・・。

【人生初の居酒屋を体験した私が放った言葉】

f:id:arivo:20171119111024j:plain

近くの鮮魚店などの生ごみを回収するという手伝いを

学校が終わったら兄妹で交互に数年間やっていた。私は、

その手伝いをやっている姿を同級生や知り合いに見られるのが

とても恥ずかしかった。同時に友人が遊んでいる時間が羨ましかった。

それでも母は3つも仕事をこなしながら、8人の子供を育てて

いつも疲れきっていた。相当な苦労だったと子供ながらに思う。

ある日、そのゴミ回収の仕事が終わったら普通の日なのに居酒屋に

寄ってくれた。人生で初めての居酒屋。外食はお祝いがない限り

いくことはない。だからすごく驚いたし嬉しかった。

沢山のメニューから食べたいものを食べなさいという・・。

それでも長女特有の遠慮から1品ぐらいしか頼まなかった(笑)

f:id:arivo:20171119112034j:plain

あとは両親が頼んだメニューが出てきた。そのテーブルをみて

「うちらの家でも、こんな日がくるんだね」と笑顔でいったらしい。

これは母ではなく、父が覚えてくれて教えてくれた。

私自身は記憶にない。それを聞いて父は仕事を頑張ろうと思った

みたいなんだよね。相当嬉しかったんだろうね私(笑)

今普通に生活できていることにもっと感謝しなきゃ。

そんなことをこのブログを書きながら思ってしまう。

【地元にある”こども食堂”でのボランティア】

f:id:arivo:20171119112845j:plain

存在は知っていた”こども食堂”だったけど・・・

子供のいない私、料理ができない私がボランティア?

そんな理由でいけずにいたけど、考えてもしょうもない

ことだった(笑)とりあえず一度行ってみようと出かけた。

料理を手伝う子もいれば、全く興味のない子もいるし、

口の悪い子、落ち着かない子、ずっと喋る子、色々な

キャラクターがいて、ボランティアの人たちは手や口を

動かしながら作業をすすめる。非常に面白い経験だった。

news.yahoo.co.jp

気になったこと全部には挑戦できないことも知りながら

それでも行動していこうと改めて思ったボランティア。

そして沖縄の貧困。私なりにできることはなんだろう?

なんとかしたいものだよね。

 

手帳を持っているだけでスゴイなんてナイナイw

f:id:arivo:20171101011120j:plain

手帳を持っている人を見ただけで、仕事ができる人だと

信じ込んでいた(笑)学生の頃に持っていた時は、基本的に

プリクラ貼るとか、デートとか、スケジュールぐらい。

他に何を書くというのか?だからほとんどのページは

うまらず、やがてプリクラも撮らなくなったら手帳を

持つのをやめてた。

【手帳を持ちたいとまた思ったキッカケ】

f:id:arivo:20171101011507j:plain

憧れてた女性が手帳を使いこなす姿が美しかったから。

そんな単純なキッカケ。周りの同僚も持ち始めていたし

乗り遅れる感じがしたからだ。そんなタイミングで沖縄で

手帳の使い方を教えてくれる方から学ぶことができた。

でも内容は手帳の書き方とか、使い方といよりも

思考の内容だった。顕在意識や潜在意識、コンフォートゾーン。

あまり耳慣れない言葉ばかりで必死にメモを取ったのが

懐かしい。正直なとことガッカリした部分もある。

どんな手帳がいいのか、どんな手帳の書き方がベストなのか

そこを重点的にきこうと思っていたのにマインドが多かったから。

でもそれが今となってはラッキーだったと思える(笑)

【何故あなたは手帳を持ちたいの?どうやって使いたいの?】

f:id:arivo:20171101012112j:plain

様々な道具には、使う目的がある。ツール=手段なだけ。

手帳も目的達成のための1つのツールというだけ。

だから目的が必要だし、明確にするべき。

  • メモをするけどいつもそのメモ用紙をなくす
  • スケジュールでダブルブッキングしちゃう
  • To Doリストで時間管理や仕事の効率化を図りたい
  • 言葉やイラストなど見える化によって潜在意識にインプット

人がたくさんいるように、手帳をもつ目的やメリットなどは

違うだろう。人気の手帳だからといってあなたに合うとは限らない。

お店を何百件、ネットで手帳研究を何十時間としても良い。

でもね、100点の手帳とみんな出会っているとは思えない。

恋愛と一緒でさ、お互いの良いところも悪いところも認め合って

積み重ねていくしかない気がする。お互いに工夫する必要がある。

手帳の良し悪しを自分の工夫でカバーする。その方が100点の

手帳になる可能性が高い。

 

気に入った手帳が無いとなげいてばかりいた私。

今は案外気にしないで買えるようになったよ。

譲れない部分はメモ欄と、今回はバーチカル式と決めてた。

カバーは全然好きじゃないけどクリアーできる問題だ(笑)

手帳を持つことが目的にならないように☆

 

 

 

結局のところパーティーピーポーが羨ましかった・・・

f:id:arivo:20171031231854j:plain

10月31日がハロウィンでも私の人生には

関係ないものだと思ってた。

  • スタイルが良い人
  • 学生時代からイケテイル人たち
  • カワイイ人たち
  • 友達がたくさんいる人たち
  • 根っからの明るい人たち
  • つるむのが好きな人たち

上記のハロウィンを楽しむ人の私条件

ほとんど当てはまらないからだo(TヘTo) クゥ

あんだけどよぉ~あんだけどよぉ~

ラジオを始めたり、コーチングを習ったりしたら

自分が楽しいことは伝わるとかさ。思い込みが

あるだけだというのが理解できるようになった。

それでねやってみたわけさ(笑)

【クオリティやら、他人の評価なんて関係ないのさ】

f:id:arivo:20171031232408j:plain

顔を黒く塗るはずが、鼻だけ塗れてないことに

ラジオ終わってきづくとかさ。アホで良い。

それ誰よ?と聞かれても、額にオッパイと

書いてるのが謎でも楽しかった。

勝手に自分自身で、パーティピーポーな人間では

ないと烙印をおしていたの。自分でね。

単純に羨ましかった。羨ましかったと認めることが

今はできる。前はできなかったのにさ。

コーチングの学びで承認ってある。

事実をただ認めること。

自分自身にも、他人にも同じこと。

そうすると感情に振り回されることも少なくなった。

クオリティが低くてグダグダ言うより、それさえも

ネタにして楽しむ方が笑える。ただそれだけ。

【楽しそうだな、やってみたいなを実行へ】

f:id:arivo:20171031235247j:plain

想いを馳せる。いいことだよ。でも実行することも大事。

2018年になる前に、あなたが思ったその”楽しそう”や

”やってみたい”を何か行動にしてみて。さて、そのために

何をする?いつまでにする?誰とする?色々決めなきゃ。

2018年まで、あと2か月しかないではなくて

あと2カ月もあるよ。考え方1つ。

たまにはパーティピーポーになりましょう♪

生きることには限りがあることを忘れないで☆ 

 

 

 

エロい、セクシーは好きだけど大事にしたいところもある

f:id:arivo:20171030110425j:plain

女性でも男性でも品のあるエロさは好きだ。

それは過去に軽かった自分の経験があることは

影響が大きい。愛されていることに気づかず

大事にしてくれた人を裏切ったり、軽はずみな

行動をしたり。それでも良いと思う所ともっと大事に

するべき部分だったと思う。だから男性も、女性も

自分の身体を大事にしてほしい。これは死ぬまで

きっと変わらないと思う。

【自分の身体も心も常に汚いと思っていた】

f:id:arivo:20171030110953j:plain

隠れて心を吐き出す日記を書いていた2年遅れの高校生活。

そうしないと爆発しそうだったのだろう・・・。

それを今は亡き兄に読まれた。烈火のごとく怒った私。

自分のことを汚い、最低、生まれ変わりたいと書きなぐっていた

ところを見られた。「お前は汚くない!」と兄は言った。

でも恥ずかしさとイラつきと、自分の秘密を知られたことが

悔しかった。兄との距離はより開き、必要最低限の会話以外

しなくなった。あれ以来日記は書いていない。

【他の人に同じ思いをしてほしくない】

f:id:arivo:20171030111506j:plain

なるべくは傷ついてほしくない。当たり前か・・w

自分が傷ついた分、悲しんだ分、適当だった分・・・

強くそう思う。傷ついた人が話したいのであれば話をききたい。

そんなこともコーチングでできる。話を聴くだけでもコーチング。

師匠のその言葉を私自身も体験しているから。

女だってエロい。

男だってあんなことやそんなことをしてもらいたい。いやん☆

対応できる範囲はあるから、できなければ頼る部分もあるかも!

詳細は控える(笑)何の記事かわからなくなってきたな・・・。

今、性が軽くなったり、別に重要な部分じゃないと思っている

人がいることを知ると悲しくなるんだよね。

カップルなら当たり前とか。でもそんなことないと思う。

嫌なことは断れば良い。分かってくれなければ別れたらよい。

自分が嫌なことを強要してくる人と淋しさとか不安とかで

いなくても良いよ。もっと幸せになる権利、自分のことを

自分で大事にすることできるようになるよ。

あなたが大事にしたいことはあなたが決められる。

そこを見ないようにしないで!

それぞれが幸せであれっ☆(三四郎の小宮風)

 

あなたは何を強化しますか?強化にお金や時間をかけられますか?

f:id:arivo:20171030102209j:plain

okinawabbffitfed

身体も思考も変わる。

でも”変わる”という言葉だと前の自分と違うような、

否定している気がした今朝。だから強化という言葉をあえて使う。

「きれてる~!デカい~!〇〇番最高!」そんな声援が

あるなか、沖縄のサンセットビーチで開催された大会を

見に行った。Youtuberのサイヤマンが好きな旦那が

見たいというので付き合ってやった(笑)

なのに結構面白くて、順位も気になって6時間近く風吹く

ビーチにいた2017年10月29日、肉の日w

【今あなたがお金をかけている、かけたいのは何?】

f:id:arivo:20171030104142j:plain

20代のころは、酒とか遊びばっかりにお金をかけていた。

今は学びとか、繋がりとか、気づきとか、自分のアンテナに

ひっかかたものにお金をかけることが多い。興味があれば

セミナーにも行くし、手相占いだってする。以前と違うのは

振り回されないってことだ。色々な情報を取捨選択しなければ

いけない、様々な誘いを断ると胸が痛いけどできることは

無限にあるようで限られているのが事実。だから選択したことに

後悔しないようにしている。ボディビルの大会を見て、

あの筋肉を体を強化するために日々努力しているのだろうなと

刺激をもらった。ポージングで慣れている人、緊張している人。

その場を楽しんでいる人。応援団のいる人。

それぞれの色々な想いがつまった大会だったに違いない。

知り合いがいるわけでもなく、インタビューができるわけでも

なかったけど勝手に色々学ばせてもらった、気づきをもらった。

旦那が興味を持ってなければ一生見なかったかもしれない。

【いつもの場所、モノ、考え方、人間から離れてみる】

f:id:arivo:20171030105007j:plain

ふと飲み会の席や、友達とランチをしながら毎回、同じメンバーで

同じ話ばっかりしていたことに気づいて怖くなったことがある。

漠然とした不安とか、このままでいいのかという動揺だったり。

普通なら受けない講座とか、知らない人がいてもつまらないよとか、

私も最初はそうだったし、行ってみないとわからないこともあった。

でもね、いつもと違うって面白いよ。最初の一歩は怖いけどさ

本当に一歩出したら徐々に他の分野でも一歩が楽になる。

それを楽しめたら強いだろうな~とつくづく思う。

まだまだそこまではたどり着いてないけど、たどりつきたい。

そのために私はお金や時間を使う。そう決めている。

大蔵省の旦那の機嫌を取りながらでもそれでもイイ。

旦那に買ってもらったアーモンドを食べながらの更新w

 

恋愛だけに限らない”したたかテクニック”の本を読んで②

f:id:arivo:20171028150034j:plain

あなたが思う、男性像や女性像ってどんな感じ?

パートナーって、お互いのいろんな部分を受け入れたり

尊重したり、男性のなかの女性性や、女性の中の男性性を

認め合える関係が理想的だと思います。

ぐっときたね。全く同感。5人上に兄がいる私は、女性らしい部分が

欠けているというか必要なかった部分がある。あまりジェンダー

どうのこうのって気にしない。恋愛だけじゃなくて、認め合える事。

あなたもOK、私もOK。それってね、シンプルなんだけど・・・モゴモゴ。

【女性性を使うこと、利用する事は悪い事?】

f:id:arivo:20171028151411j:plain

枕営業”という言葉を初めて聞いた時に嫌悪感を覚えた。

実力はどうしたの?だから女は馬鹿にされるんだよ!

心の声を口に出すことはできなかったけどね。

仕事だけじゃなくて相手をコントロールするために

女を使うことは簡単ではあるよね。そんなイメージが

こびりついていた。だから本のタイトルを聞いて

イラッとしたのだと読んだ後に気づいた。

女性性で媚を売るのではない。うまく使うことで相手が喜ぶ。

ましてや好意を持っている男性なら笑顔を見たい。

もっと距離感を縮めたい。普通のことなんだよね。

そのために、ありのままの自分を受け入れてくれるという

理想もわかるけど。そんなことはないのよ(笑)

認め合っていくのよ。したたかさをプラスにしてくれる

この本を利用したら良い。女性性を楽しむことは

悪いことだと思っていた私。そのこびりついた思考を

薄くしてくれた本だった。耳の痛いこともあるし、

全てが納得することではないけど女性性を楽しむも悪くないと

教えてくれる本。

【女性性を出して生活することは恋愛以外にも効果的】

f:id:arivo:20171028152912j:plain

例えば男性上司、同僚、後輩、兄弟、男友達へのアプローチも

恋愛とは違うけど異性を知るきっかけにもなるから

自然と優しくなったりコミュニケーションがうまくなる気がする。

34歳以上限定というタイトルだし女性向けだと思われるけど

男性が読んでも面白いと思う。自分は違うぞ!とか

一人突っ込みを楽しんでも良い(笑)久々にヒットした本。

そして本人にも11月26日会うチャンスがやってきた。

楽しみすぎて記事にしたわけだ。まずは読んでみてよ♪

 

34歳以上限定! 年下彼氏の作り方〜年上女子の確実・したたかテクニック〜