起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

出来ることには限りがあるけど”何か”はある-WhyとHowでの自問自答-

※この記事はティーダブログ2016/03/11のリライト

f:id:arivo:20161001192135j:plain

精神科医と話をする時はつい腕組みしちゃう。

自分の心を見透かされそうだからなのか?w

家族に精神疾患がいると色々なトラブルが起

こる。でも大概、中心となる家族がやってく

れる。奥さんや旦那さんや両親だったり。一

緒に住んでいた頃は何もかも理解できず苛立

つ毎日だった・・・。

 <例えば>

  • 制服を準備しているのに隠される
  • 夜中につねられたり、布団をはがされる
  • ずっと隣で喋られる
  • お金を盗まれる
  • 自殺未遂を繰り返す
  • 暴れる

問題が起こらない日があまりないから、仕事

している時間が楽しかった。イライラする私

には「病気だから仕方ない」という家族の言

葉は耳にたこでウンザリしてた。喧嘩して傷

ついて言ってもいないことや事実ではないこ

とを言いふらされたりすることに、めげてば

かりの日々を送っていた。

【考えかた、捉え方が変わっていった】

「縁を切るしか解決方法はない」と頭の片隅

でいつも考えていた。それが一番手っ取り早

くて楽な方法だったから。でもそれは10代

で家出したことと何も変わらない。だから

「どうやったら振り回されない自分でいられ

るのか?」という質問を繰り返していた。

他の家族ができることと、私ができることが

一緒じゃなくても良い。それでも、私なりに

その人のために出来ることはなんだろう?と

いう風に。自分の生活をしながら、出来るこ

とは限られている。自分の生活を崩してまで

出来ることは自分を苦しめるだけ。まずは自

分の土台をしっかり作らなきゃと心底思った。

そんなことを繰り返しながら、いつのまにか

めげない生活を手に入れた。

 

以前は問題が起きたら、いつも「Why?」と

いう言葉で自問自答していた。

  • 何で私だけこんなに貧乏なの?
  • 何でこんな辛い目にあわないといけないの?
  • 何で私の気持ちをわかってくれないの?

「Why?」で質問すると理由を探すだけになる。

でも「How?(What)」で質問すると方法を考える。

f:id:arivo:20161229121436j:plain

例えば発注ミスをした部下に注意する際に、

①『何故発注ミスをしたんだ?』

②『どうしたら発注ミスは防げたのか?』

上司としては、再発防止の対策を聞き出したい

のに「何故なら~」と理由を部下が言ったら

「言い訳するんじゃない!」と怒り心頭(`Δ´)!

まさか自分の質問がその回答を誘導したとは

露知らず・・・。質問するって簡単なようで

難しいのです。

 

私は、知らないうちに自分になげかける質問を

「Why→How」にしたことで自己解決力がUpし

た。まさかそれが、セルフコーチングの行為だ

とは知らないままに。コーチングを学んで、そ

のことを知った時に自分への質問の仕方の大事

さを痛感した。自分に質問していきましょう。

良い質問を!

 

 大切なのは質問するのをやめないことだ。
アルベルト・アインシュタイン

f:id:arivo:20161229131633j:plain