起業だけじゃないコーチングと出会っての話や雑記 新アリボーの冒険

自分探しの旅には終止符。コーチングや色々なセミナーと自分の経験を通してちょいとでも笑ったり、元気になる人が増えるお手伝い

魔法の壷があるって信じますか?-クリスマス前に思い出すめげる過去-

f:id:arivo:20161219160827j:plain

もうどんな壷だったか花瓶だったか覚えてない。

それを見るのが心底嫌になった苦い経験。

8人兄妹で、従姉妹家族も一緒に住んでい

た我が家は貧乏だった。お小遣い制度なん

て聞いた事もなかったし言ったところで叶

うはずがない。何かの手伝いをしたり、買

い物のお釣りを機嫌が良い時にもらったり

することがない限りお金を持つことがなか

った。すぐに使うという性格だからなのか

もしれないけど(笑)

【見つけた瞬間の興奮ヤバシ】

ある日、母の部屋の掃除をしていた。掃除

は3姉妹で分かれてやることが多かったの

でたまたまその日は母の部屋担当になった

だけ。いつもなら気づかないのに、何故か

ガラス棚にある綺麗な花瓶に目がいってし

まった。オブジェのように置かれていたそ

の花瓶に手を入れて見るとなんということ

でしょう。

f:id:arivo:20161219161931p:plain

そこには何と500円玉が入っているでは

あ~りませんか♪歓喜の喜びで叫んだか

踊ったか・・・定かではない。サンタ

さんはいるんだけど私の家には何故か

やってこないことを悲しくは思ってい

たが仕方が無いと思っていた。サンタ

も忙しいのだと。アリボー結構良い子?

いや、痛い子かな?(笑)だからね・・

500円が入っている花瓶は勝手に自分へ

の贈り物だと解釈した。歓喜のあまり贈

り主が誰かは全然頭にない。もうそれは

私の魔法の花瓶(壷)と思ってしまった。

【隠れて使う・誰にも言わない】

とにもかくにも、バレたら500円のかたま

りが無くなると思った。バレないように

使おうと必死に考えいつもは行かない売店

へチャリで向かったりしていた。使うのも

頻繁ではなく、頻度をかえたりして(笑)

魔法の壷だと疑わなかったのは、もう1つ

理由があった。隠れてお金をつかってもま

た壷にはお金が増えていることだった。ニ

ヤニヤが止まらない私。きっとえげつない

顔をしていたに違いない。そんなことを

繰り返していた楽しい日々。なんて幸せな

毎日だったのだろう☆

【母ちゃんが鬼の形相でやってきた】

f:id:arivo:20161219163949j:plain

 

「母ちゃんのへそくり使ったの誰か?」

 

全然ピンとこない。へそくりとは何じゃ?

こんなに怒りくるってるから犯人やばいなと

余裕ぶっこいていた。その次の言葉を聞いて

固まった・・・。

「壷に500円玉ためていたのが減っている」

やばい!やばい!殺される。マジで思った。

その動揺に気づいた母ちゃんに責められる。

後ろで妹だったか兄だったかにチクラレル。

「そう言えばアリボー買い食いしてた」と。

バレてたんかぁーい!そう腹を決めても・・

ガクブルって実体験であるから笑える。

説教とベルトの刑を受けた。ベルトの刑は

SMとは関係ありません、あしからず。

いやぁ~何で気づかなかったんだろうね。

疑いも相談もせずにお金を使うとは。

ウブだったのか、馬鹿だったのか。

神様はいないと思った日。

ネタにできてよかった。